Wordで縦向きの封筒を印刷したい時に簡単に設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordを使って封筒を印刷したい時ってありますよね。
Wordで封筒印刷ってどうやるんですか?ってよく聞かれたりします。

封筒印刷するには少しテクニックが必要です。

ですが、難しいというわけではなく、誰でも簡単にできる方法があるので紹介いたします。

スポンサーリンク

Wordの差し込み文書では横向きしか封筒印刷の設定ができない!?

Wordでは簡単にはがきや封筒などを作成できる、差し込み文書という便利な機能がついています。
簡単に封筒やはがきを作成したい場合は、この差し込み文書を使っていただくとすごく簡単にはがきや封筒の作成ができます。

ただ、差し込み文書を使った場合の封筒印刷には問題があります。それは。

「封筒印刷が横向きでしかできないことです。」

日本の封筒は殆どが縦書きなのであまり使えません。

これを見てもらえればわかるのですが

2015061220

 

差し込み文書ではこのように横向きの封筒をベースに作られています。

これを縦向きに変更することはできません。

なのでここから設定することはあきらめましょう。
ですが、簡単な方法があるのでそれをご紹介いたします。
ちなみに差し込み文書のやり方ですが

 

2015061219

 

タブで差し込み文書を選んでいただくとはがきや封筒など選択することができます。

 

Wordを使って縦向きの封筒でも簡単に作成する方法

今回はWord2010を使用して説明していきます。
Wordの設定は初期設定のままです。
インターネットにつなげられる環境が必要です。
インターネットにもし繋がっていないパソコンでの作業でしたらこの方法は使用できませんのでご注意ください。


 

1、「ファイル」を開きます

201506121


 

2、新規作成を開きます

201506122


 

3、 右側のOffice.comテンプレートの中から「封筒」をダブルクリックします

201506123


 

4、「封筒(長形4号)」を選択します。
※封筒の大きさが違う場合も他にないので、ここでは長系4号を選択してください。

201506124

 


 

5、こんな感じで出てくるので後は合わせて記入していくだけです。

201506125


 

 

長形3号以外の封筒はどうすれば印刷できるのか?

長系3号以外の封筒でもちゃんとサイズを整えることができるので安心してください。

ただし微調整が必要となってくるので、それはご自身でしていただく必要があります。

先ほどの続きから解説します。


 

1、「ページレイアウト」のタブを選択し「サイズ」をクリックします。

 

201506126


 

2、サイズの中にある「その他サイズ」を選択します

201506127


 

3、このように用紙サイズを設定する画面が出てくるので、「幅」「高さ」を設定します。

※ここでは「長形8号(長8号)(幅119x高さ197)」を基準に設定しています。

201506129

 


 

4、上にある5番と比較するとわかりますが、幅が広くなりサイズが角形8号になってます。

2015061210

 

配置がおかしいので配置をきれいに設定する

このままですと全体的に右側によりすぎていておかしくなっているので綺麗に封筒にに合うよう設定しましょう

 

1、文字を入力しようとすると枠が出るので、その一番外枠をドラッグしてください。

2015061211


 

 

2、そうするときれいに整えることができます

2015061212

Wordで縦書きの時に数字を横にする方法

住所を入力するときに漢数字ならば普通に入力されますが、数字を普通に入力してしまうと。

 

2015061213

 

こんな感じになってしまって、おかしいですよね。
さすがにこれで印刷して出すことはできません。
Wordで縦書きの時に数字を入力したときに変になってしまうのは仕方がないので、1つずつ直していく必要があります。
一気には直せないので1つずつです。

 


 

1、縦に合わせたい数字をドラッグで画像のように選択します。

2015061214

 


 

2、ホームのタブから「A」と書かれたマークをクリックし「縦中横(T)…」を選択します。

2015061215


 

3、真ん中にこのような画面が出てくるので、そのままOKをクリックします

2015061216

 


 

4、そうすると「3」だけちゃんと縦書きに変更されているのがわかります。

2015061217

 


 

5、これを1つずつ数字を設定していくと完成します。

2015061218

 

このやり方でできない場合、バージョンが違う場合

「挿入」タブの中に「テキストボックス横書き・縦書き」という項目があります。
これをこのブログの画像のように配置してもらえれば、同じように封筒印刷のレイアウトが完成します。

最後に

サイズを変更してしまうと、郵便番号が印刷だとうまく枠内に入らない場合があります。

その場合は微調整をしてみて確認してください。

1度レイアウトさえ作って保存をしておけば、いつでも使うことができるので便利です。

1度しか使わないという方は、手書きのほうが早いでしょう。

Excelで宛名や宛先が入力してある場合は、差し込み文書を使って設定します。

あくまでも数が少ない時に使えるテクニックとして覚えておくと、必要な時に使えていいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった2日間でMOS資格を確実に取得する方法

あなたはWordやExcelの資格を取得したいなと考えたことはありませんか?

たった2日間で就職や転職を成功させるだけでなく、
パソコンスキルを証明できるMOS資格が取得できる方法があります。

・Word,Excelの知識は一切不要
・たった2日間勉強するだけでできる
・リスクゼロ

パソコンの資格を取得したいという方は、絶対に読んでみてください。
たった2日間で取得でき、一生モノのスキルがあなたに身につきます。

2日で合格できる秘密を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    やっと、出会えました。最高!

  2. 匿名 より:

    印刷がうまくできませんでした。
    折る部分に郵便番号がきてしまいます。

    1. あきゆき より:

      折る部分に郵便番号が来てしまうならば、上の余白を大きくしてあげてください。

コメントを残す