Macでこれだけは絶対に知らなきゃ困る4つの便利テクニックを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前まではパソコンユーザーのほとんどがWindowsを使っていましたが、今ではMacを使ってる人も多くなってきました。

グラフィック関係の仕事をしている方はもちろん、大学生の方などでも使われてる方は多いんじゃないでしょうか。
そういう私もMacbookを使い始めてから、仕事で使う時以外は殆どWindowsを使ってません。

とは言っても、講座で使うパソコンや教える時はやっぱりWindowsなので、Windowsユーザーの方が多いのは間違いないですね。
Macの魅力というのはいっぱいあるのですが、その中でもこれを知っとくと超便利だよ!!って言う機能をご紹介します。
むしろMacを使っていて、この機能しらないと絶対に損だよ!!って機能がほとんどです。

なので、便利な機能を覚えて是非普段の使う時に役立ててください。

スポンサーリンク

クイックプレビュー

Macを使っていて、感動した機能がクイックプレビュー機能です。

クイックプレビューの使い方はすごい簡単です。

スクリーンショット 2015-12-04 23.54.36

このように、Macでは見たい画像が最初から表示されていますが正直何の画像かよくわかりません。
なので、ダブルクリックして確認するというのはよくやりますよね。
ですが、いっぱい画像があると開いて閉じて、開いて閉じて、っとかなりめんどくさいです。
そこで便利なのがクイックプレビューです!
クイックプレビューのやり方は、画像が選択された状態で「スペースキー」です。

スクリーンショット 2015-12-04 23.54.44

このように、クイックプレビューを使えば一瞬で中の画像が確認できます。
これを知ってからは、めちゃめちゃ便利なので毎回使ってます。
いつも使えるテクニックなので是非使ってください!

Macでお手軽スクリーンショットの撮影

Macでスクリーンショットを撮るものすごく簡単です。
Windowsでは「Printscreen」を押して、ペイントに貼り付けて、トリミングして・・・・・っとめっちゃ面倒でした。
Macではそんなめんどくさいことしなくても、簡単に撮ることができます。

やり方は「Macでスクリーンショットを簡単に撮って画像サイズを編集する方法」に詳しく記載してありますので参考にしてください。

ちなみに前の記事で書いてませんでしたが、Macのスクリーンショットをpngからjpegにすることもできます。
jpegって何??って方は

絶対覚えておきたい6つの画像形式の拡張子の種類と特徴に詳しく書いてあります。

やり方は、まず「ターミナル」を開きましょう。

スクリーンショット 2015-12-05 0.08.04

そしたら、下記にあるコマンドをコピペしましょう。
※「」はいらないです。

「defaults write com.apple.screencapture type jpg」

↑をコピペしたら、エンターで確定してください。

「killall SystemUIServer」

↑をコピペしたら、エンターで確定してください。

スクリーンショット 2015-12-05 0.08.27

そうしたら、PNGだったスクリーンショットがJPEGに変わってます。
やって試してみください。

複数のデスクトップが持てるMission Control

Macでは複数のデスクトップが持てる機能があります。
「Mission Control」っと言って、結構使ってる方も多いと思います。
めちゃめちゃ便利な機能です。

これはどういう機能かというと、複数のソフトを快適な状態で作業ができるという機能です。
説明は難しいので、実際画像をみて確認してください。

「アップルのマーク」をクリックし「システム設定」からトラックパッドの設定を見ると、やり方が書いてあります。

初期状態では、指4本で上に動かすか、指4本で左右に動かすかをします。

スクリーンショット_2015-12-05_0_20_12

設定を確認できたら、やってみましょう。

起動しているソフトの左上をみてみましょう。

スクリーンショット_2015-12-05_0_23_21

このように、みだり色のボタンがあるので押してみましょう。
押してみると拡大されます。

この状態で、指4本で左右に動かしてみましょう。

スクリーンショット 2015-12-05 0.22.59

こんな感じで、左右に動かすとソフトごとに使うことができます。
なので、一個のデスクトップに置いて何個もソフトを起動させておかなくても大丈夫ということです。

また、指4本を上にスワイプさせると

スクリーンショット 2015-12-05 0.22.11

このように、ソフトを選択できる画面がでてきます。
いっぱいある状態だと、目当てのがなかなか使えなかったりするのでその場合はこれを使います。

この「Mission Control」っという機能は、本当に便利な機能です。
Macを使っていて、使わないともったいない!ってくらいな感じです。
Windowsを使っていてMacに変えた人だと、なかなか使いづらい部分もあると思いますが使ってみてください。

強制終了

WindowsでもMacでも強制終了って絶対にしたくなるときありますよね。
特に、Macを使い始めた最初の頃はSafariを使っていたのでイライラでした。
私のSafariだけかもしれませんが、しょっちゅうフリーズして動かなくなったりでした。

そんなときに役にたつのが「強制終了」です!
最初に覚えたほうが良いよというくらいのコマンドです。

やり方は「Command + option + esc」を押すと「アプリケーションの強制終了」が出てきます。

スクリーンショット 2015-12-05 0.41.22

出てきたら、そのまま終了したいアプリケーションを選択して強制終了しましょう。
気のせいなのかわからないですが、macではWindowsに比べて結構アプリがフリーズ状態になりやすい気がします。
特にSafariはしょっちゅうフリーズでした。
使ってる方は、違うブラウザソフト入れることをオススメしますね。(オススメはGoogle Chrome)
フリーズしたことない!って方は、別に入れる必要もないです。

まとめ

どうでしたでしょうか?
個人的には知ったときに一番感動したのはクイックプレビューでした。
Macユーザーで紹介した便利テクニックで使ってなかったって方がいましたら、是非使ってみてください。
スクリーンショットに関しては、ブログを書いてるのもあって撮る枚数が毎月数百枚とかなので重宝してます。
書かない方は、スクリーンショットはたまにしか使わないかもしれませんね。

アプリケーションの強制終了は、知らない人がいたとき対処できるので覚えておくといざという時使えますね。
知り合いのMacが動かなくなっちゃって、どうしようって困ってた時に助けられますし。
なので、絶対覚えておくべきです!
今回紹介した以外にもMacの便利テクニックはまだまだいっぱいあります。
探してみて使ってみると、意外に便利だった!ってことが多いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった2日間でMOS資格を確実に取得する方法

あなたはWordやExcelの資格を取得したいなと考えたことはありませんか?

たった2日間で就職や転職を成功させるだけでなく、
パソコンスキルを証明できるMOS資格が取得できる方法があります。

・Word,Excelの知識は一切不要
・たった2日間勉強するだけでできる
・リスクゼロ

パソコンの資格を取得したいという方は、絶対に読んでみてください。
たった2日間で取得でき、一生モノのスキルがあなたに身につきます。

2日で合格できる秘密を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す