Macでウィンドウをフルスクリーンにする方法と縮小のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macを使っていてフルスクリーンにする機能が便利でよく使う事があるんですけど、1つだけずっと前から困ってた事がありました。

それはフルスクリーンにしてから解除できないソフトがあって、ずっと縮小させたいんだけどできないなーってのを考えてました。
解除するにはショートカットキーを使えばいいんですけど、今まで拡大・縮小のショートカットキーを使ってなくてできてなかったです。

僕がフルスクリーンを戻せなかったソフトは「Coda2」という、コーディングソフトです。
すごい使いやすくてオススメなのですが、解除方法だけがわからなくてもやもやしてました。
ちなみにプログラミングする人にはオススメのソフトです。
値段は7000円くらいで買えます。

今回はフルスクリーンの解除ができたので、知っておくと便利なやり方として紹介します。

スポンサーリンク

Macでのフルスクリーンのやり方

Macでフルスクリーンにするやり方はいたって簡単です。
画面左上にある緑色のボタンを押せばフルスクリーンになります。

スクリーンショット 2016-01-28 23.53.44

この状態からブラウザの緑色ボタンを押すと

スクリーンショット 2016-01-28 23.51.25

スクリーンショット 2016-01-28 23.53.57

全画面(フルスクリーン)で表示される。

解除する時も、同じボタンを押せば簡単にフルスクリーンの解除が可能です。

スクリーンショット 2016-01-28 23.53.44

ショートカットキーでフルスクリーンにするやり方

ショートカットキーの場合は「Control + Command + F」です。

スクリーンショット_2016-01-29_0_06_47

この状態から「Control + Command + F」のショートカットキーを使うと拡大します。

スクリーンショット_2016-01-29_0_01_46

Coda2でフルスクリーンにすると、左上の緑色のボタンが潰れてしまって、全然押せなくなります。
そうするとショートカットキーで戻してあげないと、戻らなくなってしまうので困っちゃいますね。

解除方法も、「Control + Command + F」で簡単に解除できます。

スクリーンショット_2016-01-29_0_06_47

ショートカットキーを覚えておけば、こういう時も簡単に戻すことができます。

まとめ

ショートカットキーはいっぱいありすぎて、覚えられないですが日常よく使うキーは覚えておくと便利ですね。
今までショートカットでフルスクリーンにすることはなかったですが、覚えると楽なので結構便利に使えてます。

Macがフルにすると使いやすいってのもありますし。
Windowsだとそんなにショートカットで大きくすることもないと思いますが、Macだとよく使う人も多いんじゃないでしょうか。

今回みたいに、縮小する時に緑色のボタンが潰れて戻せないって方もいるかと思いますので、そういう方は是非参考にしてみて試してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった2日間でMOS資格を確実に取得する方法

あなたはWordやExcelの資格を取得したいなと考えたことはありませんか?

たった2日間で就職や転職を成功させるだけでなく、
パソコンスキルを証明できるMOS資格が取得できる方法があります。

・Word,Excelの知識は一切不要
・たった2日間勉強するだけでできる
・リスクゼロ

パソコンの資格を取得したいという方は、絶対に読んでみてください。
たった2日間で取得でき、一生モノのスキルがあなたに身につきます。

2日で合格できる秘密を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. firefighter より:

    全画面表示のまま移動させる方法などはないでしょうか??

    1. あきゆき より:

      それはないですね。
      横の部分で矢印で大きくすれば、全画面表示を移動しているのと同じ状態です。

コメントを残す